植毛の手術で未来が開ける|フサフサ頭髪へ大きく前進

専門機関以外で診察

ドクター

薄毛の原因はひとりひとり異なっており、対策方法も変わってきます。薄毛治療は専門機関以外では行なわれていないイメージがありますが、実は皮膚科でも診察してもらえるのです。接触性皮膚炎や脂漏性湿疹など、頭皮にトラブルが起こっていないかを診察することができます。専門機関はハードルが高いと感じている人は、一度皮膚科へ行くといいでしょう。

薄毛の原因には皮脂の分泌量も関わっています。現代は髪を洗いすぎる人が多いと言われています。通常のシャンプーは洗浄力が強いものが多いので、頭皮に良くない成分が含まれているのです。特に夏場は1日に2回お風呂に入る人もいるので、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。そのため、皮膚のバリア機能が弱くなってしまい、炎症が起こったり、痒くなったり、様々なトラブルが起こります。結果的に、皮膚を守ろうとして皮脂の分泌量が増えてしまい、薄毛の原因に繋がるのです。

皮膚科では日頃のケアのアドバイスや、薄毛治療の薬を処方してもらうことができますが、より最先端の薄毛治療を受けたい場合は、美容皮膚科へ行きましょう。専門知識に特化していますし、丁寧なカウンセリングを受けることができます。また、血液検査などをして、細かい原因まで調べることができます。また、薄毛治療は継続的に行う必要があるので、自宅や職場から近い距離にある美容皮膚科を選択しましょう。治療を途中でやめてしまっては、効果もなくなりますし、お金も無駄になってしまいます。